離婚で相手に責任がある場合は慰謝料をとりましょう

Posted by Wilson Cham2011-04-082011-04-08 2011-04-08

離婚をする理由は色々とあります。
浮気であったり、お金が原因だったり、どのような理由にしても、相手が悪くて自分が苦痛を感じた場合、慰謝料を請求することができます。
これはどのような金額かと言うと、精神的にまたは肉体的に相手に対して苦痛を与えた人は、お金を払うことで償いをするとゆうことです。
逆に、自分が相手を傷つけてしまった場合は、払わなければならない事があります。
これは、とれる場合とったほうが断然お得です。
離婚の際の慰謝料は金額が明確に決まっていません。
とゆうより、決める事ができません。
何故なら、状況が人によって必ず違います。
また、値段が決まってしまうと、それを逆手にとって犯罪をおこす人もでてきます。
慰謝料は状況によって値段が変わり、ケースバイケースなのです。
もちろん、貰えない事もあります。
これは結局の所、裁判によって決まるため、裁判官の判断に委ねられます。
しかし、その判断材料としてはいくつか要素があります。
離婚に到る原因による起因がとても大きいのです。
例えば、毎日家で暴力を振るわれ、浮気をされ、家庭を見捨てる行為が繰り返されていたら、高確率で慰謝料はとれます。
これでも取れなかったら、日本の法律自体が問題です。
このように、離婚での慰謝料は原因や夫婦間の状況が大きく関わってきます。
なので、お金目的で離婚をしようとしても、そうそう簡単にいくものではありません。
自分が本当に辛い思いをしたのなら、それは慰謝料を請求するのが当然でもあります。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans